頂点へおでん

人気記事ランキング

ホーム > 離乳食 > 離乳食の容器はどんなのがいいの?

離乳食の容器はどんなのがいいの?

離乳食ははじめて赤ちゃんがミルク以外に口にする物ですから、それを入れる容器はやはりこだわりたいと思うのが親心ですね。

 

離乳食をはじめたばかりの頃は、細かくした食材をさらに食べ易い様に裏ごししたりなど手間がかかるため、一気にまとめて作る方も多く、その時には冷凍保存出来る容器があると便利です。

 

特にまだ量を食べないころはラップで一食ずつくるんで、製氷機の容器に入れておくと事足りますし、離乳食を加熱するときに便利な小さい鍋なども用意しておくと大変便利です。

 

赤ちゃんは手で食べ物を触ったりすることも多く、食器を叩いたり落としたりしても割れないようにプラスチック容器を選ぶ方も多いですが、使い続けていると、にんじんなどの食材の色や匂いがついてしまったり、離乳食の時期が終わってしまうとプラスチックの食器は使わなくなってしまうため、ずっと使えるように、陶器の食器を最初から使わせるという選択肢もあります。

 

わざわざ購入しなくても、普段から使っている食器のなかで、小さな小鉢、お茶碗、すり鉢、スプーンがあれば十分代用できますが、離乳食専用の食器のメリットとしては、下部に吸盤がついたりしているものもあり、赤ちゃんが触れても動かないような仕組みになっている物が多いです。

 

赤ちゃんの動きが活発になってきたら、赤ちゃん用のプラスチックのナイフとフォークを渡して、手持ち無沙汰にならないようにしてあげると離乳食をたくさん食べてくれることがあります。

 

ベビー用品店などにいけば、離乳食用の食器セットや、ばら売りもされていますので一度足を運んでみても良いかもしれません。子供 青汁 無添加