頂点へおでん

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 乳酸菌が免疫バランスを整えてアトピーを軽減する

乳酸菌が免疫バランスを整えてアトピーを軽減する

アトピー性皮膚炎は、皮膚の病気ととらえがちですが、実際には体内の免疫バランスの乱れが皮膚に症状として表れていることになります。

 

体内に侵入する異物を排除しようとする体のしくみがいき過ぎてしまうために、無害なものに対しても過敏に反応してしまうのです。

 

ですから、アトピー性皮膚炎を根本から改善していくためには、単に皮膚にアプローチをするだけでは不十分で、免疫システム自体に働きかけていかなくてはなりません。

 

そのことに役立つのが乳酸菌です。

 

乳酸菌は、腸管内で乳酸を多くつくりだす働きをします。このことによって、腸内環境は悪玉菌がはびこりにくくなり、有害物質の少ない理想的な環境に近づきます。

 

このように腸内環境が整うことで、免疫システムも本来のバランスを取り戻せるようになっていくのです。

 

実際に、腸は人体の免疫細胞の70%が集まっている最大の免疫器官なのです。

 

そして、小腸に数多く存在する免疫細胞は「腸管免疫」と呼ばれ、免疫システムの司令塔のような役割を担っているのです。

 

乳酸菌を摂取し続けることで腸内環境が良好になれば、腸管免疫も働きやすくなりますし、また乳酸菌はそのような免疫細胞を刺激する作用があると言われています。

 

これは体質から改善していくというアプローチなので変化を実感するのには数ヶ月かかることもあるようですが、一時的な気休めではなく長期的に解決していくために必要な取り組みといえるのではないでしょうか。オリゴ糖100%粉末はこちら