頂点へおでん

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 糖尿病腎症では人工透析を続けていくしかない

糖尿病腎症では人工透析を続けていくしかない

脂肪が多くつき過ぎている人は、体脂肪を落とすようにしましょう。ゆったりとしたペースでのジョギングなどの有酸素運動で徐々に脂肪を落としてみましょう。また、筋肉を増やすことで基礎代謝が上がりますので、より一層脂肪を燃やしやすい体へとなっていきます。また絶食などの過激なダイエットをするのは体への負担がかかりのちのちになって悪影響がでることもあるので注意が必要です。

 

食事から摂取した脂肪は、脂肪酸に小腸で分解されてから、肝臓に運ばれていきます。ただ、糖分や脂質を摂りすぎて、肝臓に送られる脂肪酸が増加してしまうと、今回は肝臓で脂肪酸を持とに作られた中性脂肪が肝臓に蓄積されます。

 

 

 

健康な肝臓にも3~5%の脂肪がふくまれていますが、その脂肪が5%を超えた状態では脂肪肝になるのです。

 

 

 

糖尿病では重篤な合併症を起こすと、寿命を早めてしまうこともありますが、早い時期に気付いて上手に血糖値をコントロールできれば、日常生活を困難から遠ざけることも可能です。ですから、糖尿病予備軍ではと思い当たる人は、毎日の体調を糖尿病の症状とくらべ合わせてみると、早い段階で発見できるので心配し過ぎなくても大丈夫です。血糖値を下げるサプリの秘密

 

 

 

単純に食べる量を減らすだけでいいといった問題ではありません。1日の運動や行動に適したエネルギーは体の大きさや活動する量によって人それぞれまちまちです。まず第一に自分の必要なエネルギーを計算して日々の食事が自分の最適なエネルギー量を超えていないかおぼえておく必要があります。自覚症状はあまりみられず気付くのが遅れることもあります。疲れやすい・食欲が落ちるなどの症状を感じるケースもありますが、だからと言って自分で見抜くことは難しいと言えます。

 

 

 

気になった場合は内科のある医療機関へ行き、健康診断などを受けると血液検査をするので、判別は難しくありません。

 

血液検査の値からすぐに診断して貰えます。インスリンは胃の後方にある臓器の膵臓から分泌されるホルモンで、糖をエネルギーに変更し細胞に吸収される働きをしているんです。食後、腸から吸収された糖が血液に沿って全身を循環するため瞬間的に血糖値は上がりますが、インスリンが正常に生成されれば糖は体内の細胞に吸収されて血糖値は段々と一定量に保たれます。

初期の糖尿病では、自覚症状が殆どなく目立った症状は出ないのが特性でもあります。

 

 

 

多くの人はしごとやストレスの疲れだと思ってしまい、糖尿病が原因だとはなかなか思い付きません。

そのため糖尿病の発見そのものが遅れてしまい、合併症が徐々に進行し、気付いた時には状態が悪化してい立というケースも多いのです。糖尿病腎症は腎臓で尿をつくる働きが低下し、人工透析を受けないと老廃物や不要物を体外への排出を自力ではできず、命を落とすことになってしまいます。

 

ですから、糖尿病腎症にかかった場合には、週に約3回病院に通って人工透析を受ける生活を続けるようになるので、日常生活に大きな負担が生じることになるのです。