頂点へおでん

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 子供の便秘は肉食の過多が原因?

子供の便秘は肉食の過多が原因?

 

子供はお肉が大好きです。

 

大人も肉が好きな人が多いですが、子供の場合はより好きな度合いが強い傾向にあります。

 

フライドチキン、ハンバーグ、トンカツ、焼肉などコンビニやファミレスのメニューにはほとんどが肉が使われていますし、家庭でも子供が好きだからという理由で肉料理にすることが多いかもしれません。

 

でも、子供が便秘がちのときは肉食が多すぎないかどうかをチェックしてみる必要があります。

 

というのも、肉類というのは消化の負担が大きく腸を疲労させて腸の機能を弱らせるのです。

 

また必然的に野菜の摂取量が減りますから、体内のビタミンやミネラルのバランスが崩れて腸内に悪玉菌が増えやすくなります。

 

さらに肉は食物繊維が含まれてないため、便の量も増えませんし、善玉菌のエサになるものも減ってしまいます。

 

肉食によって便秘になりやすい環境がみごとに整ってしまうというわけです。

 

そもそも日本人はもともと穀物・野菜中心の食生活だったため、腸も菜食に向くような比較的長い腸になっています。

 

欧米人の腸は日本人の腸よりも短くて太くなっており、比較的肉食に向くようなしくみになっていますが、それでも肉食メインの生活を続けることで、便秘だけでなく大腸がんや大腸ポリープなど腸の異変が生じることが多いようです。

 

そうであれば腸が肉食向きではない日本人はなおさら肉は控えめにする必要があります。

 

美味しいからといっていつもいつも食べさせるのではなく、食べることはあっても頻度を減らすことを考えてみましょう。

 

外食や買ったお弁当には肉を使ったものが多いため、なるべく家で手料理を作ってあげる必要があります。

 

なかなか大変かもしれませんが、特に子供の便秘の続いているような時は努力して子供の健康を守ってあげたいですね。子供用の青汁はこちら